スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

•プライバシーの重要性

ホテル風学生寮の人気

 大学の学生寮というと一昔前は安かろう、悪かろうで、二人部屋と決まっていたものです。 ところが最近では、この手の学生寮は人気がなく、人が集まらなくなってきています。私の元 いた大学でも、一時は全寮制で、全人教育を目指したこともありましたが、70年代以後は、 寮は敬遠され、逆に空き部屋目立つようになってしまいました。 そこで、大学は寮を近代化し、テレビ、電話等の設備を整えたビジネスホテル形式の一人部屋に 改装しました。すると、費用は高いにもかかわらず入居希望者が多く、関係者はうれしい悲鳴を あげています。設備も好評だったようですが、学生にとって、なんといっても一人部屋で、寮規則などなく 自由に生活できることが、気に入ったようです。
■プライバシーの侵害に対する嫌悪感

 現代では、若者も自分の空間について大変に敏感です。自分と他者との境界をはっきりとさせています。 このようなテリトリー意識が明確だと、二人部屋の共同生活を楽しむことはなかなかできません。 二人でひとつの部屋を使用するわけですから、自分だけの空間はないのです。 独占的空間がないと安心できない人にとっては、共有では落ち着かないのです。 不満が溜まってしまいます。そこで、たいてい、一つの部屋を二つの空間に分け、 一応の境界線を設けて生活することになります。 しかし、そのように境界を決め、各自の空間を決めることにより、また、新たな空間が出てくるのです。 それは、たとえ線を引いたとしても、そう広くない部屋ではどうしても生活上、頻繁に境界をおかすことになります。 そうなると、おかされた方は自分のテリトリー、つまり個人的空間を相手におかされた、という意識が強く働きます。 テリトリーの侵害に対しては、人は強い怒りを感じるのです。そして、その侵害者に対しては、嫌悪感を抱くことになります。 つまり、同室の人に憤りを感じ、その人を嫌いになってしまうのです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。