スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・同郷意識のユニット・フォーメーション

私も茨城出身なんですよ

 人は初対面の人に対しては、未知ということから不安感や警戒心をもちます。同郷の人に対しては、 そのような防衛的な感情が生じないので、はじめて会ったとき同じ茨城出身だということがわかると、 互いに昔から知っていたかのような親しさを感じるのです。この同郷意識は歳の差や立場の差なども越えて 一気に親しくなってしまいます。これはバランス理論でいうと郷土を中心に強力な単位形成(ユニットフォーメーション) がなされ、それが好意を生むということになるといえましょう。

 社会心理学では、社会的態度の類似性と好意の関係が研究されています。支持政党や宗教、戦争への態度などが中心です。 これらの態度が似ていれば似ているほど、好意をもつというのです。このことは実験でも証明されていますし、 事実といえるでしょう。しかし、私達の日常のつきあいを考えてみると、いきなり支持政党などについて話しはしないでしょう。 それに、はじめは日本では意見が異なることによって嫌悪感が生じないようにし、明確な意見対立は避け、相手に合わせるようにします。 だから社会的態度が同じかどうかは、つきあいの初期にはわからないのです。ということは、態度の類似している人を好むといっても、 日本の場合、アメリカでの研究が言うような、個人にとって重要な信念や価値観の類似をいうのではなく、 初期においてより話題になりやすい趣味やスポーツなどが類似していることが、思いのほか重要な役割をはたすということになるでしょう。
■郷里が同じだとすぐにうちとけられる

 信念や態度とは対照的に、生まれ育った土地が同じかどうかは実に明確に疑う余地のないものです。それに信念や態度は変わることがあるかも 知れませんが、郷里は変わりません。その意味で同一性の安心感は態度の比じゃないでしょう。 この安心感、安定感こそ心の底から好意を生じるベースといえましょう。
 ただ最近は、東京育ちの人が増えてきました。 だから東京で同郷だと言ってもあまり効果がなくなってきているかもしれません。 ただ、この同郷意識と同じ意識に同窓意識があります。ただ単に同じ大学を出た、 同じ高校を出たというだけで、はじめて会った先輩に、学生時代、本当に先輩であったかのような 親しみを感じます。ここにも絶対に変わらない、しかも確信できる同一性があります。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。