スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・社会的報酬と好悪関係

邪魔する人は好きになれない

 人は自分に報酬をもたらすような人に好意をもち、自分に損害を与えようとするような人を嫌悪するのです。 人と人とのつきあいは、いつも好き嫌いの感情を直接的にやりとりしているわけではありません。 たとえば、恋人などのような場合は、特別の関係で、会話や行為は直接的な愛情のやりとりといえるでしょう。 しかし、このような場合は例外です。通常の関係は、協力したり競ったり、対立したりしながら話しが進み活動しています。 自分の方から相手をみると、自分の欲求を満たしてくれたり、行動を助けてくれたり、また逆に、欲求を阻止されたり 、行動を妨害されたりするのです。そのような相互作用を通して、その相手の人に好感を感じたり、怒りや 憤慨を感じたりし、それらをベースに好悪の感情をもつようになるわけです。
■くれる人は好き、くれない人は嫌い

 自分の欲求を満たしてもらったり、行動を援助してもらったら、私達はその人から報酬を得たことになります。現金ではないので、 これを社会的報酬といいます。 他方、私達の欲求を阻止されたり、行動を妨害されたりした場合、私達はその人から、損失を受けたことになります。 これを社会的損失(罰)といいます。当然のことながら、私達は社会的報酬を与えてくれた人に好意を感じ、社会的損失を与えられた人に たいしては嫌悪を感じるようになります。非常に単純ですね。そして、このことがサークル、会社、学校、家庭などの自分が属している集団のメンバーに好意を もつようになる一つの要因なのです。というのは、集団活動は互いに協力して、自分達の目指している目標に向かって行動します。 ここでは互いに向かっての行動はお互いの好意を高めることになります。ただし、集団の中でも、主導権争いなどをしている場合は話しは別です。 互いに妨害的に働くでしょうから、そのような場合は当然、嫌悪関係が生じやすいのです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。