スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

•優越感情の強度

ほめるのは簡単か

 人をほめることは、簡単そうですが、意外とむずかしいのです。というのは、ほめるというのは相手を評価することですから、 相手に優越感を与え自分が相対的にひき下がることになるからです。 このことは特に、男性にはきついのです。男性は同性の人間関係を優劣関係でとらえる傾向が強く、相手より常に 優位でいたいとする心理傾向を強くもっています。 だから、相手をほめたり、評価しようとすると、自分がへり下ったように感じ、 相対的に劣等感を感じるのです。この心理がほめることを難しくし、ストップをかけるのです。 特にライバルである同僚や自分より目下である部下をほめ、評価することは、心理的に負担が大きいのです。
仕事が終わるとよく、どこかで飲みませんか。ということになります、そんなとき、人の噂話が多いのですが、誰かがある人のことを ほめると、それだけで不愉快になる人がいます。「確かに彼は優秀だけどね…」とほめられている人を批判し始める人がでてくるのです。 話題の人とその人とがライバル関係か何かだと、その人にとっては、話題の人がほめられたことにより、相対的に自分が低められたように感じるのです。 これは極端な例ですが、誰もがこのような心理をある程度もっています。だから、ほめるのか結構難しいのです。

 
 私達は人から好かれたいと思っていますが、同時に、あるいはそれ以上に人から馬鹿にされたくない、なめられたくないという 気持ちが強いのです。この気持ちが、人をほめることを抑制しているのです。 批判は、しなさいといわれなくてもします。人間関係はいつもほめているくらいでちょうどバランスがとれていると思ったほうがいいです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。