スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

•親しい人の評価の仕方

ほめあって、自信をつけて

 周囲から称賛をあび、ステージ上で拍手を迎えられる天才といわれるバイオリニストがしました。 その人が、評価されないと自信がもてない、自信が持続できない、自信がないと良い作品、演奏ができないといっているのです。 ステージの拍手とは別に、親しい人からの直接のほめ言葉が、いかに評価欲求を満たし、不安を消し、自己成長、自己実現に自分を向ける 原動力になるか、わかると思います。
 人は誰でも、自分自身についてあるいは自分のやっていることに対して、それでいいのかどうか不安をもっています。 コンピュータをやっている人の中に時に行き詰まり、「自分は能力がないのではないか」と不安になる人が多くいます。 人は壁にぶつかったり、失敗したりすると、その原因を自分の能力不足、それも生来の無能力や不適応に帰する傾向があります。
 ワイナーという心理学者は、人が成功や失敗をしたとき、その原因をどこにあると考えるかにより、そのとき感じる感情やその後の 対応が異なるとし、その法則を作成しています。これを原因帰属の理論と呼んでいます。そのなかで、ワイナーは失敗の原因を自分の 能力に帰属する、つまり、この失敗の原因は自分の能力不足によるものだと考えると、生来の能力不足はいかんともしがたいので、あきらめや 失望の感情をもち、その原因を努力不足にした場合は、今度はがんばって成功してやろうという意欲がわいてくるというのです。 このように考えると、できるだけ、失敗原因は自分の能力に帰属しない方が成長意欲が育まれることになります。
■自分をほめてくれる人と一緒にいたい

では、どうしたら自らの失敗を自己の無能力に帰属しないですむのでしょうか。その一つが他者からの評価です。 だれも自分の能力についてなかなか確信がもてません。そんなとき、他の人、特によく理解し合っている人から、 才能をほめられ、評価され、「天才!すばらしい!」などといわれると、なにか自信がつくものです。 例のバイオリニストですらそうですから、ましてや私達凡人は、そういう言葉が力となるのです。 そして、誰でも落ち込むよりも、自信をもち元気が出ることを望みますから、そのように自分の能力を評価してくれる 人と一緒にいたい、と思いますし、そのような人に好意を感じるのです。あなたの評価が相手の人に自信をつけさせ、あなたはその人から 好意を受けることになるのです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。