スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

•接近の効果

恋人を決めたら引越しをしよう

 現在の在宅事情を反映してか、学生達の間でも、住宅の話題が多いようです。 今は、ワンルームマンション型が人気で、昔の三畳とか四畳半のアパートは、安くても 借り手がいないといった様子です。その費用を出すのは田舎の親ですから、親は大変です。 特に女子学生の場合、親の心配が大きく、その分、無理しても、よい部屋に住まわせようとしているようです。 先日、クラスの女子学生が、住所が変わったので、と新しい住所を知らせにきました。みると 学校の近くからかなり遠いところに引っ越したのです。なんでわざわざ遠いところに、と思いましたが、 よけいなことは聞かず、新住所を受け取っておきました。しばらくして、その謎が解けました。彼女は 付き合っていた彼氏の近くに引っ越したのでした。距離は、その人の気持ちをよく表します。今、彼女の気持ちは、 大学から彼に移っていったのです。二人の間の心理的距離なのです。恋人同士にとって、 距離の要因は重要です。アメリカの調査によると、婚約者の二人の住んでいる距離が離れていればいるほど、 その婚約が破談になる確率が高いという結果がでています。両者の間にはっきりとした比較関係が成り立つというのです。
■気になる人がいたら距離を縮める

 この人、と決めたら、住所を近くに移すことが決めてです。例の女子大生はこのことを直感的に知っていたのかもしれません。 また、特に、この学生のように距離を縮める、つまり対人距離を近づけるという動きは、二人の感情を高ぶらせます。今までと違った関係、 一段深い関係に入るキッカケとなることが多いのです。これを感情の覚醒理論といいます。二人の感情関係は通常、暗黙のうちに了解 し合ったつきあいのレベル、つまり好意の程度で、相互作用しています。そして、そのレベルを保とうとします。もし偶然バランスが崩れたら、 元に戻したり他の方法で補ったりします。これを平衡理論といいます。

■覚醒行為で関係を深める

 会えば会うほど好きになる、といった相互作用説を前に説明しましたが、この説にもかかわらず、いったん、二人が、あるレベルでしばらく付き合うと 、その関係を深めるのが難しい、というのは、このバランスを保とうとする心理的働きがあるからです。だから、そのような均衡状態を打破するためには、 バランスを一気に崩すような、ある程度思い切った行動が必要になるわけです。彼女は引越しによりそれを実行したのです。 彼女のように意識的に自分からそのレベルを変えようとすると、自らかなりの感情のたかぶりを感じるはずです。また彼の方にしても、友達から意識的に そのレベルを変え、より深い感情的関係を示された場合、あるいは深めようという行為を示された場合、同様に感情をゆり動かされる。つまり覚醒するのです。
 こうして二人は、付き合いのレベルを深め親密な関係に入っていくことになると思われます。もちろん、一方がそれを拒否すれば、その関係はブレイク・アップすることになります。 関係を深めるための覚醒行為は、住所の変更のような大きな移動だけではありません。つきあっているときの対人距離も同様の効果を持ちます。 歩いているときに、はじめて「腕組んでもいい?」というプロポーズは、対人距離を0にする接近行為なのですから、相手の感情を強く刺激することになります。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。