スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

•好意の互恵性(ごけいせい)

告白されると好きになる

「本当は、他に好きな人がいたんですけど、彼から、好きだと告白されたので…」
「いつも誘いを断ってばかりいましたので、一度くらいつきあわないと悪いと思ってつきあったのですが、それをきっかけに好きになってしまいました」
と恋人になったきっかけを説明されるときによく聞きますね。このような話を聞くと、女性は恋愛のプロポーズにおいては受けてであり、 自分の方から言い出しにくい。そこで、男性が主導する形になることが多いと思われがちです。しかし、実際には、女性の方が、積極的に プロポーズするケースが最近では目立っているようです。 女性のプロポーズは本来、女性は受身という考えが男性の方にありますから、その分、思いあやまっての行為ととられ、男性に対して衝撃を与えるのです。 「いやぁ、彼女のほうから言われまして、私も嫌いではなかったので…」「彼女のいちずさに負けましたよ」と頭をかきながら話す男性は少なくないです。 いずれにしてもこれからの例は、男性も女性も、本来は特別な好意を持っていない相手から、好意を示され、愛を告白されると、その人が好きになることを示しています。 この関係を対人心理学では好意の互恵性と読んでます。つまり、人は、自分を好きな人を好きになる、という関係です。好意には、このような互恵性が本当にあるかどうか、 心理学者は実験で確かめています。
 
実験は互いに見知らぬ学生4人が1組で集団を形成し、何回か色々な課題についてディスカッションするという討論実験でした。 学生参加者が、実験室につくと、まず、実験者に一人一人呼ばれ、先日、行なった性格検査の結果を知らされます。その話しの中で 「一緒のグループの山口さんは性格検査からみてあなたに好意を持つと思いますよ」といわれます。 さて、実験がはじまり、4人で第一回目のディスカッションが終わると実験者は、「第二回目では、人を入れ替えます。ただし、二人ずつ、一緒に動いてもらいます。 そこで、どの人と一緒でいたいか、一緒にいたい人を知らせて下さい」 といい、各人が誰に好意を持ったか調査しました。その結果、各学生は最初に実験者が、自分に好意をもつだろうと いった人、山口さんと一緒にいたいとし、その人に好意を示したのでした。予想通りでした。 この実験で人は、自分を好きな人を好むということが証明されたのです。 つまり、好きな異性がいる場合は早めに好意を相手に伝えれば相手も自然に好意を持つようになるということです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。