スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.男女の思わぬ恋が生まれる時

スポンサーサイト

生理的覚醒の役割

スポーツは人をエロチックにする

 ドキドキしたり、震えたりといった生理的覚醒があったとしても、それが直接恐怖や恋愛といった一定の 情緒と結びついており、その情緒を感じるというわけではないと話しました。 では、生理的覚醒は情緒体験にどんな役割をもっているのでしょうか。
 心理学の多くの実験からいえることは、生理的覚醒は、情緒を増幅するアンプの役割を もっているということです。つまり、生理的覚醒の程度が大きくなるに応じて、 人が感じる情緒の程度も大きくなるということです。

 対麻痺の情緒研究がこのことを明らかにしています。対麻痺の患者は、事故により脊髄を切断してしまった人です。 その結果、内臓器官から脳に向かう感覚神経が切られており、身体感覚が制限されてしまっています。 この対麻痺患者の人は、情緒の感じ方が事故以前と違っていると報告しています。それは、情緒は同じように感じるのですが、 以前よりもどうも感じ方が弱いというのです。また、脊髄を大きく上の方まで切断した人は、 小さくしたのほうだけ切断した人よりも、情緒の感じ方がより弱いのです。大きな切断は小さな切断よりもより 感覚神経を分断しているのです。このことは、生理的覚醒が脳に伝達されることにより、 感じている情緒が強められていることを明らかにしているといえるといえましょう。

続きを読む

・男女の情熱的恋愛とイメージ性

エキゾチックな女性の神秘性

 私達は容姿の美しさに魅せられます。人は顔ではない、心だ、と識者が説いたとしても、 身体的魅力の前では色あせます。そして、その識者とて、魅惑的な美人に見つめられたとしたら、 一瞬ならずともたじろぐに違いありません。外見的な美しさ、身体的魅力は、私達に一種の 興奮を呼び起こします。感情を喚起するのです。 そして、この興奮は快的な興奮なので、好意の感情に結びつくのです。人はこのような感情を 人の外見に対してだけではなく、全てのものに対して感じるのです。ものをみたとき、私達は、 そのものを知覚すると同時に、その美しさを評価し、感じるのです。それが美的感覚です。 そして世の多くの芸術家がその美に魅了され、美の具現化に情熱を燃やし、命をかけています。 山岳風景に、あるいはビルの形に、幾何学模様に、花に、花瓶に美しさを感じ、それを描こうとしています 。その美の頂点に立つのが人間の身体的美しさといえるでしょう。

続きを読む

・心理的リアクタンス

嫌いといわれると好きになる?

 好かれると好きになる、嫌われると嫌いになる、対人好悪は、このような相互性(互恵性) が基本です、また好意的関係をもとうとするときの正攻法といえるでしょう。 しかし、世の中には、好かれると嫌いになる、嫌われると好きになる、といった変わった人もいます。 このような人は天邪鬼(あまのじゃく)と呼ばれ、ヘソまがりとか変人とか、後ろ指を指されています。 しかし、元々このような人は変人ですから、他の人からそうやって後ろ指を指されても、一向に ひるむことなく、むしろそれを楽しんでいるふうでもあります。 しかし、そんなヘソまがりの人でなくても、私達の心の中には、嫌われたり、拒否されたり すると、かえってそのこと(男女)に興味を持ち、そのもの(男女)に変に魅力を感じるといった変な心理が 働くことがあります。ではなぜ拒否されると、そのもの(男女)に魅力を感じることがあるのでしょうか。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪

続きを読む

・自己評価と好意の受容性

私でよかったら

 誰でも自己評価が下がるときがあります。たとえば、入学試験や入社試験に落ちたときの ショックや、ミスを指摘され、非難されたときの自己嫌悪感はかなりきついものです。 ところが、ショックで沈んでいるはずの浪人中に恋人ができた、という話が少ないくないのです。 失恋の痛手もまた大きいものです。「もう二度と恋愛なんかしたくない」と思ってしまうでしょう。 失恋の病を治す薬はありません。しかし、失恋した人が、新しい恋人をかなり早い時期にみつけ、 再び、自己評価が下がり、落ち込んでいるときは、とても恋人などできそうもない、恋愛などする気に もなれないという憂鬱な気分がとりまいていることは事実です。しかし、自己評価が下がっているとき、 現実には案外、恋人が生まれているのです。また、親友も生まれているのです。その理由の一つは、 自己評価が下がることにより、相対的評価において、相手の人への評価が上がり、相手の人が自分よりは 素晴らしく、よくみえてくることです。そんなとき、相手の人から好意を示されると、 「こんな自分に対して好意をもってくれるなんて」と非常にありがたく思え、感謝し、 「こんな私でよかったら」とそのプロポーズを受け入れるのです。つまり、自己評価が下がっているときは、 自分からアプローチする力はありませんが、逆に、プロポーズを非常に受け入れやすい心理状態になっている といえます。だから、このようなときに恋人や友人ができやすいのです。

rinovastyle_S.jpg
 【RinovaStyle】

 まじめな恋愛や結婚をしたい人向けの合コンセッティングサービスです!
 グループで登録すると、関東首都圏を中心に開催される合コンに参加できます。
 費用は、料理・セッティング料込みで男性6800円 女性3800円だけなのでリーズナブル。
 1人で参加できるコースや、結婚相手探しのためのハイクラスのコースもあります♪

続きを読む

・不快体験の共有性

トラブルも愛情のいいチャンス

 心理学の実験でこのことが証明されています。不快な体験は人をストレス下におく、 しかし、その不快なストレスを一緒に体験した人がいると、その人には親和間を感じ、 好意をもつようになるというのです。

続きを読む

メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。